自分でできる!靴のかかと内側のやぶれを修理する方法

普段から愛用している靴があるんですけど、愛用してる割に雑にはいているせいか、かかとの内側の部分が破れてしまいました・・・orz

かかとの内側が破れたことがる人は分かると思うんですけど、はくたびにかかとが引っかかって痛いし、歩いてもかかとにザラザラとした違和感があるし、もう最悪です。

でもね、この破れた所以外は問題ないし、まだまだはけるんですよ!

この状態で捨てるなんもったいない!なんとか自分で修理する方法はないものかっ・・・

探してみたらありました!

僕の悩みをピンポイントで解決してくれそうで、かつ安い!

メール便だと送料も100円でいいということなので即ポチりました。

早速修理してみたのでその手順を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

修理手順

この商品、片面がシールになっているため、貼り付けるだけで修理が完了するためとっても簡単です。

シールを修理する位置に合わせ、はみ出る部分にマーク

マークした余分な部分をはさみで切り取り

なんか赤い線が残ってますが細かいことは気にしない

シールの保護シートをはがして破れた箇所に貼り付け

なんか赤い線が目立つ気がするけどやっぱり気にしない!

親指でしっかりと貼り付けて完成

ちょっと色の選択を間違えたんですけど、内側なんでまあいいでしょう!

ちなみに色のバリエーションが多い商品もありますので、気になる方はこちらを検討してみて下さい。

送料無料!すりきれボーエー帯 合皮・メッシュタイプ かかと補修/スニーカー/破れ/ナイキ/コンバース【メール便配送】

価格:864円
(2017/8/29 21:42時点)
感想(11件)

まとめ

作業時間約15分、見てのとおりかなり雑に作業しましたが、簡単に修理することができました!

その後のはき心地ですが、ほとんど違和感ありません。

生地自体が1ミリほどあって分厚いので、はきにくくなるかとも思ったのですが、そんなことはありませんでした。

あと心配なのは、脱ぎはきを繰り返すことでシールが少しずつはがれてきそうなところですね。

この辺はしばらく使ってみて、様子を見てみようと思います。

以上、靴のかかとの内側が破れて困っている人、捨てる前に自分で修理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です